MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

芸能人

ジョージマーティンの経歴や死因!ビートルズとの関係は?

みなさんこんばんよ!

今日も出張MACOCO RADIO!

DJとろろがおとどけします!

 

ビートルズの5人目とまで呼ばれていた

プロデューサーのジョージ・マーティンさんが

90歳の人生に幕を下ろしました。

ご冥福をお祈りします。

 

僕も高校生の頃に

友達の家でずっとビートルズを聴いていたり

ビートルズで学ぶ英語の本で

受験勉強をしたりと、

ビートルズにはそれなりの思い出があります。

 

ということで今日は彼の経歴と、死因について

お話ししようと思います。

SPONSORED LINK


経歴

zyozi

生年月日:1926年1月3日

出身:ロンドン

学歴:聖イグナティウス大学、

ギルドホール音楽演劇学校

戦争を越えてきている人ですね。

ビートルズのほとんどの作品の

プロデューサーを務めたことから

「5人目のビートルズ」ともいわれています!

 

音楽学校をでているので、

編曲などもしていたみたいですね。

 

音楽界への貢献から、

1996年にナイトの称号を与えられているとか。

 

なんか日本人にはよくわからない話

だけど、やっぱり外国の話って

いちいち語感がかっこいい。笑

 

1965年にAIRスタジオを設立。

のちに取締役会長を務めました。

 

ビートルズとの出会いのとき、彼は

「そのバンドのオリジナル曲は

あまり良くない」と思ったそうです。笑

 

けれど「何か気に入らない事はあるか」

と彼が尋ねると、ジョージ・ハリスンが

まずはあなたのネクタイですね」と答えたことから、

 

マーティンはビートルズのその

ユーモアのセンスだけで

契約する価値があると思ったそうです。

 

こういう話って本当なのかな。笑

そんな気の利いた場面に

出会ったことがないからなー。

まるで小説見たいにかっこいい。

死因は?

死因は今の所発表されていません。

ですが90歳という歳を考えると

親しい人に囲まれた老衰であることを願いたいですね。

 

2006年には息子のジャイルス・マーティンさん

とともに、シルク・ドゥ・ソレイユの公演サントラ

を手がけるなど、活動的でした。

SPONSORED LINK


今日のネタ帳

今日ネタ帳に記したいのは

プロデューサーとバンドの関係も

このようにとっても素敵なものに

なることができるってことですね。

 

日本の音楽業界でそういうのってあるのかな?

僕はあまりよくわからないんですけど。

そうやって楽しんで音楽を

作っていける環境が

もっともっと増えていけばいいなって思います。

 

さて、お時間の方がきたみたいですね。

今日も出張MACOCO RADIOを

きいてくれてありがとう!

 

お相手はDJとろろでしたーん。

あなたに笑顔と気楽さを。シーユーアゲイン。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top