MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

三重

四日市に東芝工場!亀山シャープの二の舞は避けられるか?

四日市に東芝工場!亀山シャープの二の舞は避けられるか?

こんにちは、とろろです。

粉飾決算などで地に落ちたと言われる

東芝ですが、三重県四日市市に

スマホなどで使う半導体を生産する

工場を新しく作るそうですね。

SPONSORED LINK


なんだか亀山にシャープの工場ができた

ときと似た雰囲気ですね。笑

 

亀山シャープができたときは、僕は

よくわかってなかったんですけど、

親たちは結構自慢げに語ってましたね。

「世界の亀山」みたいに。

 

でも今じゃ微妙になっちゃって。

東芝の方も、サムソンとの競合に

勝てなくちゃやばいとか聞きますけど。

大丈夫なんですかね。笑

 

でも三重県もそろそろ地味すぎる地位を

脱却するべく何か動かなきゃなあ。

ということで、亀山シャープの話と

四日市東芝の話を少しまとめてみました!

 

四日市東芝って語呂悪いね。笑

亀山シャープについて

液晶テレビが全盛期のころ、

電気屋さんでテレビの下にシールとかで

「亀山ブランド」なんてのが貼ってあるのが

ものすごく価値のあるときがありました!

 

世界の亀山ブランドだったからなあ。

しかし、それからスマートフォンが台頭し始めます。

それで大型液晶をメインにしてた亀山シャープは

いつのまにかアップル社の液晶工場に!

 

ここまではまだよかったんですが、

その後シャープもアップルも苦戦が続き、

「3DS LL」などで巻き返すも、

世間のディスプレイが「有機EL」に傾いていったり

ジャパンディスプレイにシェアを奪われたりと、

かなりの苦境に陥っています。

東芝は大丈夫なの?

粉飾決算の問題がまだ記憶に新しい東芝。

2016年度中に工場の建設時期などを

しっかりと決めていくみたいですけど。

 

目的はスマホやデータセンター向けの

記憶用半導体の需要が拡大することを見越した、

記憶容量を高めた3次元構造の半導体の量産体制。

でもこれはサムソンが先駆けてる状況なので、

今の日本の大企業にどれだけの力があるのか

本格的に試されることになりそうですね!

SPONSORED LINK


今回のネタ帳

今回メモしておくべきことは

「3次元構造の半導体」。

今までの集積回路の集積率が

もう限界になったのでこっちに

時代は移っていくそうですね。

これはおさえておかないと。

 

それにしても日本からグーグルとは

言いませんが、フェイスブックやエバーノート

みたいなものが誕生しませんかねえ。

 

いつもアメリカのおさがりばっかりだから、

なんとなく熱中できないよね。

ピエロみたいで。

以上、とろろでした。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top