MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

仕事

俵静夫がトド猟師をする理由は?経歴や今後が気になる!

俵静夫がトド猟師をする理由は?経歴や今後が気になる!

こんにちは、とろろです。

突然ですが「トド猟師」というものを知っていますか?

トドって聞くと、水族館のあの

だらしない感じしか浮かびません。笑

そんなトドを獲物とする猟師なんですが、

北の海では縄文時代から続く伝統だそう。

 

そしてトド猟師の最後の頼みとなっているのが

80歳の俵静夫さん。

SPONSORED LINK


果たして俵さんがトド猟師を続ける理由は

なんなのでしょうか?

俵さんの経歴や活躍とともにご紹介します。

そもそもなぜトドを狙う必要が?

トド肉は味噌汁など中にいれた「トド汁」のように

食べたり、カレーにいれたりと、トドが近くにいる

島の人たちにとっては重宝される食材。

 

缶詰にされたりと、非常用の食べ物

としても「意外とおいしい」と人気です。

 

しかし、水族館にいるトドしか知らない僕たちに

とっては、なぜトドを狩る必要があるのか

という疑問が出てきますよね。

 

しかしそれは、地元の人には

死活問題らしいです。

 

どうしてかというと、

見た目通りトドは大食いで、

ニシンなどの貴重な魚を食べてしまったり

漁師の道具を壊してしまったりと、

その被害額は約17億円にものぼるのだとか!

 

だから地元の人たちにとっては

トドを駆除することは必要に迫られている。

 

はあ、でもあんな巨体をどうやってやっつけるんですかね。

まともに戦ったら勝てないよね。

てか、目の前にすると絶対こわい。笑

俵静夫さんの経歴

tawara

1935年生まれの80歳。

北海道生まれで9人兄弟の長男!

9人兄弟っていうのが時代を感じますね。

 

昔では普通だったのかな、

18歳で自分の船を買って独立。

すごい生活力ですね。

ゆとり世代の僕には考えられない。笑

 

トド猟師を始めたのは28歳の時。

父親の影響で始めたそうです。

それから51年

現在でも夏場は漁師として働き、

11月から3月の間にトド猟師となって活躍中。

 

「やってない漁はない」と自分でいうほど

この北の海に精通している超ベテラン!

その豊富な経験を生かし、東京農大や

北海道水産試験場などの研究を手伝うことも。

トド猟の方法

トドは大きいものになれば体長3メートル

を超えるものもいて、重さはなんと1トン!

人間が戦えるレベルなんですかね。笑

 

しかも俵静夫さんは岩場で油断している

トドを狙うわけではなく、海の中で

逃げ惑うトドを一人で船を操り追い込んで

水中で仕留める「水撃ち」という技を

得意にするそう。

 

船の上から追い込み、さらに撃つとか

トドからしてみたらくっそ怖い殺し屋ですな。笑

ここ最近の人間が失った能力を

俵静夫さんは未だに強く持っているんだろうな。

SPONSORED LINK


今回のネタ帳

これはもちろん「トド猟師」ですね。

 

北海道の宗谷岬、その北西に位置する礼文島。

そこでこのトド猟は3000年も昔から

続いている伝統の猟なのだとか。

 

ええー、3000年前の人たちって

どうやってトドを仕留めてたんだよ。笑

たぶん毎回死人が出る命がけの猟

だったんじゃないかなあ。

 

今のトド猟は80歳の俵静夫さんだけが

頼りにされているそうですから、

今後どうなっていくんでしょうね・・・。

 

後を継ぐ人たちは現れるのか、

それとも政府がなんらかの政策を

打ち出してくれるのでしょうか。

 

しっかし、この世界にはまだまだ

わくわくさせてくれるものがありますね。笑

これはなかなか良い題材になりそうです!

以上、とろろでした。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top