「仮想通貨」タグアーカイブ

仮想通貨のICO・トークンとは!意味は何?買い方を調査!

こんにちは、最近仮想通貨投資を始めた

仮想通貨初心者のとろろです。

 

今日は仮想通貨のツイッターとかみてて

よく出てくる「ICO」という言葉について

調べてみたいと思います。

ICOとは?

ICOっていうのは資金調達の手段みたいですね。

「Initial Coin Offering」の略になります。

日本語だと「新規仮想通貨公開」って感じですね。

 

株式会社が株を発行して資金を集めるのに対して、

次世代の企業は仮想通貨を発行することで資金を集めるとか。

なんか、クラウドファンディングの次へ進んだ感?笑

よくわからんけど。

 

ただし、この「仮想通貨を発行して資金を調達する」という

ICOには詐欺まがいのものが多いらしく、

日本はもちろん韓国や中国でも規制が行われているようです。

何が特殊?

ではICOは新規株式公開(IPO)と何が違うのでしょう?

一番大きな特徴は、ICOでは

企業が独自に発行した仮想通貨(=トークン)は

現金でなく仮想通貨で購入されるという点です。

 

新規株式公開の場合には

投資家が買う株は仲介役の

証券会社の厳しい審査を通ったものですが、

ICOの場合はその審査を通さず完全に自己責任で

投資家が購入するようになるので、

簡単に買えますがリスクは高いです。

メリットは?

ICOのメリットはなんといってもリターンの大きさでしょう。

ICOに参加すると、取引所で扱われる前のトークンを購入できるので

取引所で扱われることを待っている人よりも

安い値段で買えるってことですね。

 

今までは僕みたいな一般の人が上場前のベンチャー企業に

なんのツテもなく投資するということは

簡単にはできませんでしたが、

気になる新興企業がICOを発行していれば

個人でも簡単に投資できるということになりました。

 

つまり、個人レベルで気になった事業に仮想通貨で

投資をすることができるので、その後その事業がうまくいくと

ものすごいリターンが得られる可能性が高いんやね。

 

仮想通貨を使うので、少額でも投資が可能であり

世界中の事業に簡単に投資できるというシステムで

企業によっては何か特典がつく場合もあるようです。

買い方は?

ICOに参加するには、まず情報を集める必要があります。

仮想通貨の情報収集には以下のサイトがおすすめです。

そして、そのICOを買うために必要な仮想通貨を買う必要があります。

 

多くのICOはイーサリアム(Ethereum)で買うことができるようです。

ビットコインやその他のアルトコインでも購入可能な場合があるので

そのICOについて調べてみる必要があるでしょう。

 

そして専用のウォレットを作る必要があります。

ICOへ仮想通貨を送ることは

取引所のウォレットからできる場合がありますが、

その場合でもこっちから送れても向こうから送れない、

つまりそのICOのトークンを受け取れない場合があるからです。

 

ウォレットには狐のキャラがかわいい

Metamask(メタマスク)などがオススメだとか!

 

それでは、初心者とろろの今日のお勉強はこれくらいで。