激甚災害指定とは!北海道のメリットや援助は?過去に指定された災害!

みなさんこんばんよ!

今日も出張MACOCO RADIO!

DJとろろがおとどけします!

 

台風10号で大きな被害にあった北海道ですが、

「激甚災害」というものに指定されるようです。

 

うーん、雰囲気はわかるけど、いったいそれはなんなんだ?

と思って調べてみました!

激甚災害とは

激甚災害っていうのは、漢字の雰囲気から察するように、

台風とか地震とかでたいへんな被害がでたところで、

被災地域や被災者の方に助成や財政援助を特に必要とするものだとか。

指定されるとどうなる?

激甚災害に指定されると

国からの災害復旧事業の補助金が上積みされるようですね。

 

国の補助率が通常は7〜8割程度なところ、

これに指定されると最大9割くらいを

国が補助してくれるみたいです。

 

また、被災地の中小企業、農林漁業者への

特別な貸付制度や災害保証の優遇制度も設けられます。

 

つまり激甚災害に指定される北海道としてのメリットは

復興のための事業においての自治体の負担が減るということですね。

過去の指定例

過去に激甚災害に指定された災害は

有名どころでは

  • 阪神淡路大震災
  • 2004年の新潟県中越地震
  • 2007年の台風5号による暴風雨災害
  • 東日本大震災

といったところですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です