MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

科学

阿部勝征さん死去!南海道沖での地震を示唆?南海トラフ地震予想を検証!

みなさんこんばんよ!

今日も出張MACOCO RADIO!

DJとろろがおとどけします!

 

訃報です。

東京大学名誉教授で、

政府の地震調査委員会委員長などをつとめた

阿部勝征さんがお亡くなりになりました。

 

死因は肺がん。72歳でした。

ご冥福をお祈りします。

 

阿部勝征さんといえば、

東日本大震災後に内閣府検討会の座長として

南海トラフ巨大地震の揺れや津波の想定をまとめた人です。

 

彼は南海トラフ地震をどのように予想していたのでしょうか。

SPONSORED LINK


プロフィール

abekatyuki

阿部勝征さんは東京都出身。

東京大学の大学院を卒業後、

アメリカのカリフォルニア工科大学上級研究員や

東京大地震研究所教授などを歴任しました。

 

海底の断層がずれ動くことで

津波が起こるという仕組みを解明したり、

津波の高さなどから地震の規模を求める

「津波マグニチュード」の手法を提唱したりといった

功績を残しています。

 

地震の防災や知識の普及に尽力したことで、

防災功労者として2008年には

内閣総理大臣から表彰されています。

 

現職は地震予知総合研究振興会の会長でした。

南海道沖での地震を示唆?

2011年の東日本大震災後、

阿部勝征さんは南海トラフ大地震や

首都直下型地震の揺れや津波の想定を

まとめる内閣府検討会の座長をつとめました。

 

南海トラフ巨大地震は、、フィリピン海プレートと

アムールプレートとのプレート境界の沈み込み帯である

南海トラフ沿いが震源域と考えられている巨大地震のことです。

 

特に死者数が多いと思われるのが

  1. 静岡県
  2. 和歌山県
  3. 高知県
  4. 三重県
  5. 宮崎県

という順序になっていますね。

 

一方、建物の全壊が多そうなのは

  1. 愛知県
  2. 大阪府
  3. 静岡県
  4. 三重県
  5. 高知県

という順序の予想が立てられています。

 

あなたの街にはどれくらいの震度で

どれくらいの津波がくるかは

こちらのだいぶサイトで予想がみられます。

>>外部サイトへのリンク

 

南海トラフの地震は、

だいたい90年から150年のスパンで起きていて、

一番新しい昭和の地震はマグニチュード8以上と推定されています。

揺れと津波による被害が甚大だったみたいですね。

SPONSORED LINK


今度の南海トラフ地震は、南海道沖全域を含む揺れが

来る可能性もありますし、その一部で起こる地震になるかも

しれないという話もあります。

 

なんにしても、そろそろ来るかとずっと言われている地震ですし、

僕の住む街もかなりの被害が予想されているので怖いです・・・。

 

阿部勝征さんが亡くなったことで

地震に何かしらの影響がないか

オカルト的に怖がっている人もいるみたいですね。

 

内閣府の南海トラフモデル検討会の

データはこちらからみられます。

>>南海トラフの巨大地震モデル検討会

 

さて、お時間の方がきたみたいですね。

今日も出張MACOCO RADIOを

きいてくれてありがとう!

 

お相手はDJとろろでしたーん。

あなたに笑顔と気楽さを。シーユーアゲイン。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top