MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

生活

おたふくかぜ2016の症状や対策!流行時期はいつ?予防すべきは大人!

おたふくかぜ2016の症状や対策!流行時期はいつ?予防すべきは大人!

みなさんこんばんよ!

今日も出張MACOCO RADIO!

DJとろろがおとどけします!

 

今年は5年ぶりにおたふくかぜが流行するようです。

おたふくって子供の頃かかりましたよねー。

あれは嫌だなあ。

 

ということで、今回はおたふく風邪の

予防対策などについて調べてみました。

SPONSORED LINK


症状は?

正式名称は流行性耳下腺炎。

発症するとおたふく面みたいに

顔がふくれあがることから「おたふくかぜ」と言われますね。

 

初期症状は首の痛みや耳下腺が腫れてくるなどです。

子供さんの顔がなんかむくんでいるなっておもったら

それはおたふく風邪かもしれません!

 

子供ならだいたい1週間くらいで治るから

そんなに心配する病気ではないのですが、

気をつけるべきは親御さん。

 

大人が感染すると、合併症などを

引き起こしてかなり重い病気になる可能性も!

 

その後、症状としては腹痛や頭痛、倦怠感、

腹痛や嘔吐、食欲不振等といったものも出てきます。

 

人によっては40度を超える高熱になることもあって、

特に大人はこうなると、男性なら精巣炎や睾丸炎など

生殖器に障害を受ける可能性が高い・・・。

おそろしいですね。

 

女性も卵巣炎になることがありますが

それで不妊症になる可能性は7パーセントくらいだとか。

 

合併症としては、骨髄炎、心筋炎、膵炎、肝炎、難聴、

甲状腺炎、溶血性貧血など、もう字面が怖い病気が・・・。

対策は?

おたふく風邪の感染力はかなり強いです。

感染経路としては飛沫感染や接触感染

人から人へうつる感じですね。

 

また、2〜3週間ほどの潜伏期間があって、

その間に感染するって可能性がかなり高い。

実は1番感染力が強いのも感染後の潜伏期間なんだとか!

 

効果的な対策としては

やはり予防接種ですね。

 

おたふく風邪は1度感染していると

抗体ができて再感染はほとんどないですが、

かかったことがないまま大人になっていると

かなりツラい思いをする可能性が高い。

 

ちなみに予防接種の副作用としては

1万人に1人の割合で無菌性髄膜炎にかかる子供がいます。

点滴をうって安静にしていれば大丈夫みたいですが、

病名が怖いですよね。笑

 

今後、夏にかけて流行が拡大してくる可能性が高いので

今のうちに予防接種をしておいたほうが

いいかもしれませんね!

SPONSORED LINK


今日のネタ帳

今日ネタ帳にしるしたいのは

親になるのってたいへんだなって

こういう「おたふく風邪流行!」

とかのニュースをみると改めて実感するなってこと。笑

 

僕ももう3、4年くらいしたら

親になれているのかなあ?

 

はやく結婚したいんですよね。笑

さて、お時間の方がきたみたいですね。

 

今日も出張MACOCO RADIOを

きいてくれてありがとう!

 

お相手はDJとろろでしたーん。

あなたに笑顔と気楽さを。シーユーアゲイン。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top