岸久のバーの値段や場所は?世界一のカクテルを作る男!

今日は大人にいっちゃうYO!

DJとろろの出張MACOCO RADIO!

調子はどうだい各所!

 

今日はバレンタインデー。

好きと言えない人たちが

ほんのすこしの勇気と恋を

そっとほのめかす日ですね。

 

DJとろろはもちろん誰にも会っていません。笑

せっせと引越しの用意をしとりました!

と、そんなお話は置いといて、

今日注目するのはバーテンダー岸久

世界一のカクテルを作る男。

SPONSORED LINK


プロフィール

銀座の会員制バーで修行中、

各種カクテルコンテストで

日本1に5度輝くなど、

昔からいかんなくその実力を発揮してるね。

 

1996年には最も権威ある3年に1度開催の

第21回世界カクテル・コンペティション

において優勝し、世界一に。このとき31歳だ。

 

現在はバーテンダー協会の会長も務め、

カクテルに関する著書も出版している。

まさにバーテンダー会のドンだ。

場所はどこ?

岸久のスタア・バーは銀座1丁目の地下にある。

(東京都中央区銀座1-5-13三弘社ビルB1F)

行き方はホームページのアクセスにわかりやすく

書かれていたので、下のリンクを利用してくれ。

>>スタア・バーへのアクセス

 

カクテルを中心に、モルトウイスキーなども楽しめる。

手作りの生ハムや生チョコなど、

つまみものにもこだわっている。

値段はどれぐらい?

カクテルはどれくらいの値段だろうか?

ホームページをのぞいてみよう。

 

gimlet

ギムレット:¥1,575

村上春樹の小説によく出てくるギムレットは

ライムジュースとジンのカクテルだ。

 

martini

マティーニ:¥1,785

カクテルといえばマティーニ。

世界一のマティーニがこの値段。

でも、おこちゃまのDJとろろには

ちょっとハードルが高いかな。笑

 

ちなみに生ハムはレギュラーサイズが¥2,310。

チョコレートは¥1,575だぜ。

SPONSORED LINK


今日のネタ帳

小説のネタとして今日気になったのは

バーテンダーとして「現代の名工」を

受賞するほどのその技術。

 

そして、その技術で客の記憶の中で

美化された思い出を越えてみせる

という、感動を生み出す力だ。

 

旅先でめぐりあった1杯のカクテルで

誰かの人生が変わる瞬間があるのかもしれない。

 

さて、時間の方が来たようだ。

今日も出張MACOCOれいでぃお!

聞いてくれてありがとうよ。

おあいてはDJとろろでした。

あなたに笑顔と気楽さを。シーユーアゲイン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です