MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

生活

勝山左義長まつりとは?場所や歴史!奇祭と呼ばれる所以は?

勝山左義長まつりとは?場所や歴史!奇祭と呼ばれる所以は?

みなさんこんばんよ!

今日は元気なDJとろろです!

なぜかって?今日はももクロのライブだからさ!

 

いやー、待ちにまったドームツアーの

幕が上がりますよ!みなさん、アルバム聴いてます?

え?買ってないって?そりゃいかん!

とりあえず今日の当日券でナゴヤドームに来なさい!

ん?チケッ代でアルバム2つとも買えるって?

たしかに!かしこいね君!

よし、かっちゃおう!

SPONSORED LINK


というわけで、今日は勝山左義長まつり

についておしゃべりしていきましょう。

なんでって?越前鉄道にのったら

広告がかかっていてね、なにこれ?

って思ったからしらべてみるんだよーん。

左義長とは?

左義長っていうのは「小正月」に行われる

「火祭り」のことだね。

「火祭りに上げてやるぜ!」の火祭りだ。

 

これは全国にある伝統行事みたいで、

その土地によって呼び名が違うんだね。

福井県勝山のやつは「勝山左義長まつり」。

 

小正月っていうのは1月15日のことをいったり、

1月15日までの間の期間を

いったりといろんな意味がある。

成人式の日のことをいう場合もあるね。

まあ、だいたいは旧暦だ。

 

火祭りに上げるのは門松や正月の飾り、

あとは書き初めとかお餅も焼く。

そして焼いた餅を食べたり、その灰を持って帰って

家に巻いたりするとその1年の厄除けになる

といわれているんだね。

勝山左義長について

勝山市の左義長は300年以上の歴史があって、

毎年旧暦の1月14日に行なわれていた。

 

今は観光客や祭り主催者のことを考えて

2月最後の土、日に開催してるけどね。

特徴は?

勝山左義長では、勝山市街地の各町内に

12基の櫓を建てて、その上で赤い長襦袢姿

の大人たちが子供を交えて独特のおどけ仕草で

三味線、笛、鉦による軽快なテンポの囃子に

のって浮かれるんだってさ。

 

こういった感じでやるのは勝山だけらしいから、

もしかすると勝山は左義長でそうやって浮かれる

のは自分たちだけだって知らないかもしれないね。笑

方言と同じさ。

 

そんでもって、こういった浮かれ模様から

勝山左義長は「奇祭」と呼ばれているんだね。

 

グッズも売っていて、てぬぐいが500円だ!

SPONSORED LINK


今日のネタ帳

今日ネタ帳に書いておきたいのは

左義長という伝統行事のこと。

あの火でもやすやつって左義長

ってうんだねー、ほんと最近の子は

何にも知らないんだから。(最近の子代表)

 

さて、お時間がきたみたいだ。

今日も出張MACOCO RADIOを

きいてくれてありがとう!

お相手はDJとろろでした!

あなたに笑顔と気楽さを。

待ってろーももクロちゃん!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top