MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

三重

伊勢海老の養殖近い?三重水産研究所で人口孵化から成長!

伊勢海老の養殖近い?三重水産研究所で人口孵化から成長!

リスナーの皆さんこんばんよ!

今日からDJとろろがお送りする

MACOCOれいでぃお!

今日はテキストでの放送となるんだ、

すまねえな、こっちの技術力不足さ。

 

どうしてこんな感じでスタートしちゃったかというと

昨日彼女と電話でラジオごっこをしてたら

はまっちまったからさ!

 

というわけで、しばらくはこんな感じでやらせてもらうぜ!

SPONSORED LINK


さてさて、今日の話題はいったいなんぞ?

えー、三重水産研究所から情報が届いてるみたいだ。

ほうほう、いきなりお堅い話かな?

 

え!なんだって!?

 

生態系が謎に包まれていたあの高級食材

伊勢海老をふ化させるところから

出荷サイズまで育てただと?

 

おっと、なんだか説明口調になっちまったが

まあきにするこたーない。

ルーズに生きるというのがおらの王道よ。

 

ということで、ちょっと詳しく見てみようぜベイベ〜!

伊勢海老の飼育

なんでも伊勢海老さん、幼少期が300日

なかなか進化までの経験値がかかるそうだ。

ポケモンなら今日キャラ間違いなし。

現実でもその価値はご存知の通り。

 

というわけで、育てる期間が長すぎ

まず養殖に向いていないんだな。

しかも幼少期の餌が謎だというのだから、

養殖でもそれほど安くならないかもね。

 

しかし根気強い博士たちの頑張りで、

最近では30%くらいは幼少期を超え

稚エビまで育てることができるように。

 

これはすばらしいね!僕なんか長男だから

ポケモンのレベル上げとかは弟や妹に

やらせてたもんで!

 

ちなみに伊勢海老の幼少期は

「フィロソーマ」とかいうずいぶん

哲学じみた名前。みてくれよ。

iseebi

まるで透明の蜘蛛のようだ。

みようによっちゃ美しいね。

しっかしこれがあの伊勢海老になるとか、

ほんとポケモンの進化の世界だな。

三重水産研究所の報告

おっと、今回の情報にもどろうか。

どうやらこの研究所、稚エビを

出荷できる大きさまで育てたのだとか!

 

すばらしい努力!粘り強い成果だ!

なんたって、幼少期から稚エビになるまで

およそ300日、そして稚エビから

出荷サイズになるまで3年はかかるとか!

 

こりゃもう俺も座っていられねえ。

立ち上がって賞賛の拍手をするべきだろう。

 

ふう、おいらの拍手は届いたかな?

不敬に当たらなければいいが。

なんたってこんな適当に生きてる人間だからな。

けれど三重出身者としておいらは誇りに思ってる。

伊勢海老は三重の象徴の1つだからな。

SPONSORED LINK


今日のネタ帳

今日のネタ帳に記すべきことは

伊勢海老の長い成長過程

ですね。フィロソーマという幼少期の名前

は覚えておかないと。しかし三重県民なのに

伊勢海老のこと全く知らなかったのは不覚。

 

おっと、真面目なところをみられちまった!

やあやあ、おつかれさん。

今日の放送楽しんでくれたかな?

おいらはまだまだかけだしのDJ、

いつクビになるかわかったもんじゃないが、

しばらくはおつきあい願うぜ?

質問とかあったらどんどん送ってくれよな!

>>DJとろろにメッセージを送ろう!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top