MACOCO RADIO

とろろのネタ帳

科学

セレブライト社がiPhoneロック解除?値段や何の業務かが気になる!

セレブライト社がiPhoneロック解除?値段や何の業務かが気になる!

みなさんこんばんよ!

今日も出張MACOCO RADIO!

DJとろろがおとどけします!

 

アップルとFBIがiPhoneのロックを

解除する、しないでもめていましたが、

どうやら第三者の技術提供によって

FBIはアップルの協力を必要しなくなったよう。

 

この第三者というのが日系企業

セレブライト社ではないかと言われています。

2007年にサン電子の子会社になったところで、

イスラエルにも本社があります。

 

どんな業務をしているのか気になったので

調べていきたいと思います!

SPONSORED LINK


会社情報

モバイルデータ・テクノロジーで画期的な

開発をするグローバル企業Cellebriteは、

モバイルライフサイクルと

モバイルフォレンジックの2つの分野で

「価値」を提供しています。

そんな謳い文句で始まるセレブライト社の会社概要。

つーか名前がかっこよすぎて厨二心がうずく。笑

 

イスラエル、アメリカ、ブラジル、ドイツ、

シンガポール、イギリスにオフィスがあるみたい。

 

携帯電話販売店舗内でのデータ転送、バックアップ、

端末故障診断、遠隔診断、修理回避など、

わりと身近な業務もしているみたいだね。

 

さらには端末取扱いに関する「監視、統計、分析

みたいなこともしているみたいで、

ここが今回FBIに頼られた部分じゃないかな?

 

スマートフォン、タブレット、ポータブルGPSから

データを抽出し、デコード、分析することが得意だと!

 

ううん、なかなか世界を牛耳れそうな会社だ。笑

よくサン電子はこんな企業を子会社化できたね。笑

 

イスラエルの事業所では

「モバイルデータトランスファー機器及び

ソリューションサービスの開発・製造・販売」

ということに力を入れているみたい。

 

簡単に言うと、さっきも言ったみたいに

スマホ買い換えるときのデータ転送とかの

機器を作ってるよーってことかな?

アメリカではシェア9割との噂!

実績がある?

ロック解除問題、こんだけおっきくなってたけど、

セレブライト社には以前に解除した実績が!

 

活躍した場所はイタリア

2015年に裁判所がデジタル犯罪スペシャリストの

マティーア・エピファーニ氏にロック解除を

依頼したんだけど、彼は自分では無理ってことで

セレブライト社に依頼したそうです。

 

このイタリアの事件で使われたiPhoneは

iOS 8」で動作していたもの。

 

セレブライト社はわずか2日で解除して、

しかも費用は「1500ドル」くらいだったとか!

 

いやはや、やろうと思えばできるって

もうわかってるんなら、あんなに渋る

必要はあるんだろうか、プライドかな、アップルさん。

 

ジョブズさんが生きてたらもっと

ごたごたした話になってそうだね。笑

 

ちなみに今回FBIがロック解除してほしい

iPhoneは「iOS 9」で動作しているから、

同じようにいくかどうかはわからんけどね。

SPONSORED LINK


今日のネタ帳

セレブライト社の製品の1つである「UFED」は、

アメリカの人気テレビドラマ「The Fall」内で、

犯人検挙に一役買うアイテムとしても登場。

 

さらに、アメリカの麻薬取締局、特許商標庁、

出入国管理局、運輸保安局、国務省とも

契約を締結している技術提供社みたいですな・・・。

 

いや、まじで世界征服できる企業じゃん。笑

今の世界、最強の武器は「情報」だろうからなあ。

 

てかここをテロリストに狙われたらやばいね。笑

ディストピアにならないことを願います。

 

さて、お時間の方がきたみたいですね。

今日も出張MACOCO RADIOを

きいてくれてありがとう!

 

お相手はDJとろろでしたーん。

あなたに笑顔と気楽さを。シーユーアゲイン。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top