物語

ハッピースタンプ

ハッピースタンプ

ハッピースタンプ  刈谷信一が釈放された日は天気の良い土曜日で、迎えに来た母に連れて行かれたイオンモールは家族ずれでとても混み合っていた。フードコートで食べたステーキは硬くて筋張っていたので飲み込むのに苦労した。母が紙幣で支払いをすませるのを見て、信一は深い感慨を覚えた。あたりまえのように使える紙幣。立派なものだ。俺の...

窓の向こう側

窓の向こう側

makotoです。 この小説はももクロが好きな僕が、ももクロの初主演映画「幕が上がる」 を見た頃に書いたもので、幕が上がるのスピンオフのような感じです。 なので小説「幕が上がる」を知らないとなんだこれって感じかもしれませんし、 今読むとすごく恥ずかしいですね。 でも青春小説書きたいんだよなあ。 もっと恥ずかしげもなく青...

星の軌跡

星の軌跡

こんにちは、makotoです。 この小説は僕が地元を離れる時にある女の子へ送った短編で、 漫画「プラネテス」のパロディのようなものです。   これから新人賞に応募していない習作をこちらにのせていこうと思っています。 ただ、今のところ書いたものはほとんどなんらかの新人賞の結果待ち状態であまりのせるものがないとい...

Return Top